2014年03月14日

あたま不能コンクリート!【台湾に生きる日本語】

こんにちは!

台湾で生活をしていると、時々日本語を見たり台湾の方から日本語で話しかけられたりします。

「洋服の青山」が台湾にも出店していますが看板には普通に「の」と書いています。
「の」は中国語で「的」ですが、台湾ではちょっとおしゃれな外国語を使った言い回しのように使われていますよ。

今台湾では、「あたま不能コンクリート」(アタマ ブーノン コンクリート)というフレーズが使われたCMが放送されています。


台湾のTV放送では、台湾語、客家語等を使用する人に配慮して全てに中国語の字幕が入っていますが、このCMの字幕では何故か「あたま不能コンクリート」とご丁寧に日本語で書かれています。

日本語を使ったCMは多いですが、ほとんど中国語の字幕なのでちょっとユニークに感じました。


あたまコンクリートってそもそもなんだ!?


日本語だけど、日本では使わないこの言葉。

「頭コンクリート」

漢字だと「阿達馬控固力」(アダーマコングリー)って感じになります。
「阿達馬孔固力」っていう書き方だったり、「阿達嘛孔固力」だったりしたりもします。
音に当て字をしてるので人によって書き方違ったりしますね。

想像はつくと思いますが、「頭が固い」って意味です。


なのでCMのコメントは、

あたま不能コンクリート!
【頭をやわらかくしないと駄目だよ!】


という意味になりますね。


ちなみに、台湾に来てお義父さんに初めて言われた日本語が「頭コンクリート」でした。

意味に気づいて吹きだしてしまいました。


お義父さんは戦後生まれですが、両親が日本語世代で
「頭コンクリート」は日本語世代から生まれた言葉かなと思います。
相当古くから使われていた言葉らしいです。

割と最近台湾の野党民進党の謝長廷・元主席がこの言葉を使ったとかなんとか。
以前には元総統の李登輝がスピーチの中で使ったとか。

いつごろから使われていたのかは分かりませんが、
台湾ではかなりの認知度がある日本語(?)になっています。

使われる台湾の方はかなり得意げに言われる場合が多いので、
言われた時は「出たーーー!」と思いながら良い反応をしてあげましょう。





Twitterで最新情報を公開しています。


ブログのFacebookページができました。


ブログランキング参加中 クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ

posted by じぇふ at 20:07 | Comment(0) | 台湾小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。